令和2年度
草津商工会議所青年部スローガン

image.jpeg

会長所信

令和2年度草津商工会議所青年部

会 長  前田 武憲

 

草津商工会議所青年部発足以来、その時々の若き企業家たちは、活動の中で互いを磨き合い、絆を深め、豊かで住みよい地域を創造するために、高い志と行動を持って歩んできました。これからも私たちは、青年部の歴史や文化・伝統を引き継ぎながら、しっかりと未来へ歩を進めなければなりません。そのためにもまずは、全てのメンバーが青年部での充実した活動と同時に、自らの企業の継続的な発展が調和していることが必要だと私は考えます。

昨年、平成という時代が終わり、新たに令和の時代が幕を開けました。明日への希望とともに、日本人一人ひとりが大きな花を咲かせると、令和に込められた願いは、果たしてどのくらいの人々へ伝わっているのでしょうか。多くの方々は、国内外問わず社会情勢に振り回され、あらゆる不安を抱きながら日々暮らしているのが現実であります。しかし、こんな時代だからこそ、この地域を活動拠点とする企業の存在価値は問われるのではないでしょうか。もちろん売上や収益を伸ばすことは当然であるし、自社の業績を上げて何らかのカタチにて社会貢献するのも大事な企業の存在価値です。しかし、それだけではなく、社員の人間的成長に費やす努力を最優先し、世間から必要とされ、社員が誇りを持てるような会社を目指すべきではないでしょうか。それこそが、地域で生き抜く若き企業家である私たちの責務であると考えます。

そのような理想に向けての取り組みは、青年部活動に置き換えても同じではないでしょうか。地域への貢献や、人間的成長も、そして社交性や協調性といった、企業に必要なものを青年部の活動の中で私たちは学べるのです。その活動で得られる経験を自社の発展に活かし、その経験を活かした企業の発展をもって、今以上に青年部活動に取り組んで頂きたいと考えます。

 

魅力あふれる・ひとはしろ

草津商工会議所青年部が、地域の方々に信頼され続けるのは、この組織の基盤がしっかりとしているからと言っても過言ではないでしょう。青年部設立からこれまで、地域社会で継続的に活動を行ってこられたのは、組織の規律や法令等を遵守し、共通目的達成に向けた計画等を厳格かつ綿密に審査し、健全な組織運営を行ってきたからです。これらを、メンバー一人ひとりがしっかりと理解した上で、さらに他を思いやる強い心と責任感を強く持った行動をとることが、地域の方々に魅力ある組織として信頼され続けるのではないでしょうか。

 しかし、私たちの存在自体が知られていなければ存在していない事と同じであると考えます。この情報過多の時代の中、伝えたい情報が埋もれがちです。私たちの情報発信が、自己満足にならぬよう具現化し、本来伝えなければならない草津商工会議所青年部の価値と魅力をしっかりと発信しましょう。私たちは見られています、見られているのであれば魅せていきましょう!

 

縁が深まる・きずなびと

若き企業家が、草津商工会議所青年部へ何を求めて入会するのでしょうか。それぞれの理由があるとは思いますが、大半の方たちは仕事につなげるためや、人とつながるためではないでしょうか。青年部で出会う方のすべてに何らかのご縁があるのであれば、より多くのメンバーが参加できるように改善していくべきと考えます。まずはメンバーに、青年部の魅力を知ってもらい、そして好きになってもらい、さらに楽しみながら活動をして頂くためにも、この組織へ所属するスケールメリットを活かしながら、継続的に参加したいと思える環境を作り上げる事が大切です。そして、メンバー同士が行動を共にし、語り合い、互いの𠮟咤激励により心を通わせ、一人でも多くのメンバーと絆を深めていきましょう。

私たちは、大小を問わずに様々なコミュニティの中で生活しています。その中で最も必要なものは、コミュニケーション能力ではないかと私は考えます。このあらゆる分野にも必要不可欠なスキルを、青年部の活動を通じて伸ばしていきましょう!

 

未来へひろがる・ひとつなぎ

若き企業家として、自社の業績を上げるのは重要な課題の一つであります。その業績をもっての継続的な発展は、企業が世間に求められるサービスの価値の向上となり、その対価をもって従業員をより豊かにし、地域経済へ納税というカタチにて貢献できます。経営を携わる者として、様々なめぐり逢いから生まれるつながりを活かし、社業の継続的発展に全力を尽くさなければなりません。この地域には、目的に違いはあっても地域の活性化や経済発展のために活動する団体が多く存在します。今までにないつながりを求め、団体間の枠を超え積極的に交流をしましょう。

さらに、先輩諸氏との交流や異業種交流によって生まれる新たなチャンスをつかみ取り、自己の成長や自社の発展に活かすことが、日頃青年部活動へ送り出してくれる家族や従業員への恩返しへつながるではないでしょうか。自らの企業の充実をなくして、充実した青年部活動はないでしょう!

 

みがき輝く・ひとづくり

何事にも、利益を追求するものは同時に、それ相応の人間力が必要であると私は考えます。利益を追い求めるばかりで人間力が乏しければ一時的な発展はあっても継続はしないでしょう。そこで、利益を正しく健全なものにするためには、人として正しい行いや相手を思いやる強い心を磨き上げ、道徳心を持った徳のある人間として成長しなければなりません。この成長に熱意が加われば、自身が持つ能力を飛躍させ、それぞれの環境にて更に大きな取り組みが出来るでしょう。

地域を支える経済人として、そして自らの企業を担うものとして、知識だけでなく決断力と実行力を有した、物事の本質を見通す思慮や判断力を備えねばなりません。青年部を通じて、様々な経験と学びの中で豊かな人間力を磨き深めましょう!

 

まちとひとが織りなす・まちあそび

私たち青年部は、商工会議所活動の一翼を担っており、地域で行われる様々な事業を通じて地域社会へ貢献してきました。今後も地域で活躍される方々と積極的に力を合わせ、この地域の特性を生かした経済の活性化に向け取り組む必要があるのではないでしょうか。さらに、私たちが事業へ携わる意味をしっかりと見出し、メンバーが一丸となって行動をすることが、青年部と地域の未来を見据えた活動の礎となり、今後訪れるであろう青年部主体の地域展開事業へとつながるでしょう。

地域のつながりが織りなすまちおこしの中で、それぞれの事業にある趣旨は尊重しつつも、青年部のエッセンスを織り交ぜながら、さらに華やかなものにしましょう。そして、この地域へ私たちの存在感を発揮し、行動をもって青年部の魅力を伝えていきましょう!

 

まちとひとを彩る・まちあかり

世のため人のための行動は、まわりまわって自分のためになると考えます。近年、私たちの活動・運動は、地域の経済発展の支えとなり、豊かで住みよい郷土づくりに貢献できているのであろうか。今一度、過去を見つめ直さなければなりません。私たちが、地域への経済発展に向けての取り組みと、確かな経済効果を生み出すために、高い志を掲げる青年部ならではの創意と工夫を凝らし、私たちの理想とする地域を追求し創出しましょう。すべては世のため人のためは自分のために。

この現代社会にて、論理的思考が優先されがちな時代ではあるが、改めて古き良きものを大切にし、この地域の文化と青年部の創造力をもってまちを彩っていきましょう!

 

結びに

青年部メンバーであり企業家でもある私たちは何を目指すべきであろうか。何事も心一つの置き所で、「努力することを大前提」ではあるが、面白味をもって「楽しむ」姿勢ではないでしょうか。自らの職業を天職と確信し、最善を尽くし努力しながらも信念をもったその努力を苦労とはせず、面白味をもってその仕事を全うすれば、それはもう道楽の世界であると考えます。これは青年部活動に置き換えても同じで、参加をすることで魅力を知り、メンバーと苦楽を共にしながら活動をする事で好きになり、自然と面白みを生じ自らの生活の一部になって楽しんでしまえば、青年部活動が道楽へと変わることでしょう。

 最後に、草津商工会議所青年部の魅力とは、青年部活動・運動を真剣に取り組むメンバーそのものが魅力だと考えます。みなさん!同じやるなら「楽しんだもん勝ち!」でいきましょう!

基本方針

  • 努力することを大前提に面白味をもって楽しく活動しよう。

  • 組織を理解し青年経済人として責任ある行動とりましょう。

  • 言葉以上の行動力で示し地域に魅力を伝えていきましょう。

  • 目的に向けてつながりを大切にしながら共に繁栄しましょう。

  • 青年部活動を活かしそれぞれの企業の発展へと繋げていきましょう。

  • 先導者としての模範となれるように人間力を高めていきましょう。

  • メンバー一丸となって持てる力を最大限に発揮しましょう。

  • 地域への感謝の心と思いやる強い心をもって貢献しましょう。

  • 全員が拡大意識を持ってより多くの同志を増やしましょう。

  • 青年部のすべての機会を活かし積極的に参加しましょう。

 

■ひとはしろ委員会

・第一回通常総会運営    

・第二回通常総会運営・納涼会

・第三回通常総会運営・忘年会

・SNS・HP等の運営管理

・商工くさつ青年部だよりの企画作成

・会員増強への取り組み

 

■きずなびと委員会

・6月度例会       

・サッカー大会       

・7月度例会        

・3月度例会        

・会員増強への取り組み

 

■ひとつなぎ委員会

・OB交流事業の開催    

・スプリングフェスタ運営協力

・OB交流事業の開催    

・11月例会

・全国大会         

・会員増強への取り組み

 

■ひとづくり委員会

・5月度例会

・9月度例会        

・1月度例会      

・会員増強への取り組み

 

■まちあそび委員会

・ランフェス運営協力   

・10月度例会       

・草津街あかりの運営協力 

・みなくさまつり運営協力  

・会員増強への取り組み

 

■まちあかり委員会

・YEG事業の実施

・2月度例会

 

・会員増強への取り組み

組織図

令和2年度 草津商工会議所青年部
組織図(2020年4月1日 現在)

soshiki_r2.png

事業計画

令和2年度 委員会事業計画(予定)

keikaku_r2.jpeg