top of page

第42回全国大会「美の国あきた大会」

 2月17日、18日と秋田県秋田市で3年ぶりに対面で開催された第42回全国大会「美の国あきた大会」に参加しました。1日目の会員総会では、日本YEGの今年度の活動内容や次年度のスローガンである「Challenge Everything~持続可能で心豊かな未来への貢献~」の活動方針を知ることができました。そして、大交流会では、普段なかなか出会う機会の少ない全国で活躍されているYEGメンバーとの交流や、秋田の美しい自然、美酒、美食、美しい文化を知ることができました。

2日目の記念式典では、既存事業のレベルアップや新規事業のビジネスプランを競うコンテストの表彰式、政策提言書の手交式が執り行われ、また、中期ビジョンの発表では、森川代表理事が登壇されました。そして、記念講演では、「コロナ禍後に訪れる価値観の変化」や「地域の宝の育み方」をテーマに、経済の発展に向けてどのような意識が必要なのかを考える機会となりました。また、全国のYEGメンバーの卒業式がとり行われ、全国規模の設営のおもてなしは次年度の40周年の学びとなりました。全国大会に初めて参加するメンバーが多い中、参加したメンバーは次年度の森川会長の思いである出向者を増やし、単会の枠を越えた交流することの魅力を感じられたかと思います。2日間、卒業生を含む草津メンバーと共に過ごしたことで、普段見る顔とはまた違う一面を見る機会にもなり、メンバー間の絆がさらに深まる機会になりました。

最後に、秋田という遠方の地で2日間無事に運営する事ができたのは、参加してくださった皆さまのサポートがあったからです。設営に携わってくださった委員会メンバーの皆さま、事務局の初田さん、そして、前日から参加されていた出向者の皆様、全ての方に心より感謝を申し上げます。この度は、本当にありがとうございました。

拡大広報委員会

水島 絵美

コメント


bottom of page